赤が10回連続した後、次もまた赤が出る確率とマーチンゲール法の関係は? - オンラインカジノ 必勝法、攻略情報まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤が10回連続した後、次もまた赤が出る確率とマーチンゲール法の関係は?

今回は赤が10回連続した後、次もまた赤が出る確率とマーチンゲール法の関係を
ご紹介させて頂きますね(^_-)-☆

そもそも、ルーレットで最も負けにくいのは「強い流れに乗って賭ける方法」だと
思います!
さて、その理由とは・・・

2015年の年末に訪れた韓国のカジノで管理人自身が体験したお話です。
テーブルに着席して早々、あれよあれよという間に赤ばかりが12回(3~21)
ほど続いたのです(゚Д゚;)

この時、管理人は途切れるまで赤に賭け続けたのですが、世の中には異なる
考えの人もたくさんいます。
赤ばかりが続くのはここまでだとして感覚的に黒に逆張りする人や、赤が何度も
続くほど黒が出る可能性が高まるだろうと黒に大金を賭ける人がたくさんいました(;'∀')

そこで今から皆さんに問いたいと思います!!
【赤が10回続いた後、次もまた赤が出る確率はどれくらい(。´・ω・)?】

意外に聞こえるかもしれませんが答えは「2分の1」ですwww
え? 2分の1の11乗だから2048分の1じゃないの? 
というのは典型的な勘違いだということを頭に叩き込んで下さい!!

ルーレットはコイントスと同じく毎回独立したゲームなので、前回までの結果と
次のゲームにはまったく関係がございません( ̄ー ̄)ニヤリ
赤黒ともに常に確率は2分の1なのです。

それでは、なぜ片方ばかりが続くことがあるのか??
お答えいたしますね。
確率が2分の1のゲームを何百万回、何千万回と繰り返せば、やがて結果は
平均化し、最終的に2分の1の確立に近づきます!!!
しかし1人の客が遊ぶのはたった数回のゲームだから、偶然による偏りが出やすい
と思ってくださいね。

マーチンゲール法やグランマーチンゲール法は、負けたら倍賭けして更に負けたら、
更に倍賭けしていくことで、いつかは勝つはずなので、その時に一気に取り戻せる
というのが理屈ですよね( ..)φメモメモ

ただ、「いつかは勝つはず」というのは数学的に証明できません!
その「いつか」が10回目を超えたりすると、賭け金の上限に引っ掛かって、この方法は
必ず続けられなくなります・・・(´;ω;`)うううぅぅぅ・・・

負けが10回も連続することは、そうそう無いのは確かですが、オンラインカジノでの体験
ではありますが、私の場合はどちらかの色が連続して10回出た経験を何度かしています。
自分がプレイしたときにこんなことが起きない保障はないわけです。

この二つの話をまとめると。。。。。

①連続して赤が続いたからといって、決して黒が出る確率が高くなるわけではない。

②マーチンゲール法は、それを分かったうえで、いつかは勝つので、その時に一気に
取り返すという理屈だけれど、それが「いつか?」は理屈が無い、運次第です!!

つまり、あとは「運命の女神」を味方に付けられるかどうかということになるかもしれませんねwww






スポンサーサイト

コメント
非公開コメント

当サイトはオンラインカジノを紹介しています。ごゆっくりお楽しみください    
Copyright © オンラインカジノ 必勝法、攻略情報まとめ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。